<META http-equiv="refresh" content="0; url=http://www.snowbum.jp/report/tomo_rp.html"> 中野智裕、谷部若子 ウィスラースノーボードトリップ (カナダ) レポート
スノーバム スノーボード ツアー & キャンプスノーバム: 中野智裕 ウィスラートリップ レポート
スノーバム スノーボード ツアー & キャンプ ホーム 海外 スキー&スノーボードツアー  スキー スノーボード 長期滞在 スキー スノーボード 国内ツアー 北海道 スノーボードキャンプ スノーボード お問合せ


  中野智裕 ウィスラートリップ レポート

毎年ウィスラーのオープンと同時にこのツアーは出発します。日本でまだ十分な滑走ができないときにウィスラーのパウダーを楽しめるんです。日本からも8時間半でバンクーバーに到着できるので、 やっぱり気やすい場所です。ウィスラーは全てが揃っている北米最大のリゾート地です。

このツアーは中野智裕と、谷部若子等がその日のいいところをチョイスして案内してくれます。

中野智裕の説明
↑ 中野智裕 説明中

ウィスラーウェディング

今回のお客様で八方様ご夫妻がウィスラーのシャトーウィスラーで結婚式を執り行われました。ブラッコムのウィザードエクスプレスの前にホテルとチャペルがあります。ちょうどK2の世界ミーティングをシャトーウィスラーでやっている最中で、ロビーにはK2関係者がコンピュータを開いて仕事をしてるようなそうでないような。シャトーウィスラーのチャペルは屋上にありまして、バージンロードがそのチャペルにつづいています。チャペルは小さいので、今回の大ちゃん、ミユキちゃんのウェディングみたいに列席者が多いことはまずいらしく、チャペル内(暖房効いている)で済むらしいのですが、キャンパーも含め結構な人数になったので、チャペルのガラス扉をオープンにして、式が行われました。本当にすばらしい結婚式でした。スノーボーダーにとってはウィスラーで挙式というのも幸せなお話です。お二人のお幸せをお祈りしています。
シャトーウィスラー
↑シャトーウィスラーの屋上にチャペルがあります。

ウィスラーウェディング
↑幸せな結婚式でした。


ウィスラー滑走

結婚式の次の日は僕はこの日はちかちゃんとカズバーさんを中心に7名ぐらいのチームでぼちぼちチームを形成しゆっくりすべりました。エメラルドから、BIGREDに乗って、せっかくなのでピークも行ってみようってことで行ってみて、バンクーバーオリンピックのマスコットの原型の前で写真!
ウィスラー ピーク
↑バンクーバーオリンピックのマスコット

ハーモニーに行って初級のトレイルを滑ってレストランへ・・・。ちかちゃんはまだスノーボード2シーズン目だからあまり急斜面もいけないし、コースを選んですべりました。

セブンスへブン(ブラッコム)

次の日は前の日グレーシャーエクスプレスがあいたという情報をゲットしたので、これは7thHEAVENとかグレーシャーボウルは昨日からハイクでやっといけるようになったってことだから、まだ滑ってる人は少ないはずと計算して、相談して、取り合えずいってみようということで、向かいました。7thHevenやはまだ開いてないリフトでつまりはハイクして滑る以外には誰も滑ってないってこと・・。しかもグレーシャーエクスプレスも昨日から空いてるから、ハイクして滑る人も本当に少ないはず。グレーシャーからハイクしてどっちも大体40分ぐらいかかりますがノートラックバーンへの期待が膨らみ行ってみました。普段のウィスラー&ブラッコムだったら、パウダーのいいリフトはリフトが空く前に人がならんで、パウダーの争奪戦になるんですが、今回は僕達だけの7th HEAVENでした。まさに貸切へブン。

ブラッコム セブンスヘブン
↑貸切へブン(キャンパーのつるちゃん)

ハイク中はみんなもう歩けないとか言ってたのに一本すべってかなりみんなは自分だけの7thへブンに感動したようで、もう1本いこっかってことになり、がんばってハイクしようということになりました。天気も最高にはれてきたので、今度はグレーシャーボウルをまたまた40分ほどハイクして到着しました。グレーシャーボールはファーストチルドレンの1作目でトンチンがでかいジャンプをした有名なウィンドリップがあるところです。

スノーボード ハイク
↑ こんなとこをハイクします。

グレーシャーボウル

次の日も 雪が降ってないので、ハイクをしてパウダーをということで、ホーツマンTバーをハイクしグレーシャーボウルまでハイクしました。Tバーが動いていたらハイクでもすぐなんですけど、苦労をしないといいパウダーにはめぐりあえません。


ブラッコムグレーシャーハイク
↑グレーシャーボウルまでのハイク


↑ここが到着地点ウィンドリップ

しばらく降ってなかったので、ゲレンデ内は結構硬い状況でした。でもその中でバックカントリーをチョイスして、最高の滑走ができました。カメラマンのジュニアさんも参加してくれていたので、お願いして写真をとっていただきました。

↑グレーシャーボウル(僕です)  

次の日も降らなかったので、ハイクをして今度は7TH HEAVENに行きました。僕は初心者の方々を連れて7名ぐらいでぼちぼちチームを形成して緩やかなのでセブンスの手前をすべりました。やはり誰もいないので、これも体験と思いまして、ちいさなウィンドリップを見つけてそこでバフバフの中へジャンプしてもらおうと案内しました。日本でウィンドリップでジャンプとかはあまり経験ないみたいだからみなさん喜んでくれ、52歳のカズバさんもジャンプしてくれました。

↑ウィンドリップをハイク ↑ウィンドリップの横で ↑カズバーのジャンプ

 雪が降ると・・・

この日は 雪が降りました。40cmぐらい積もったのではないのかな? 天気もよくなって、まずまずのコンディションです。
こんな日はウィスラーならPEAKがあくのをまつかハーモニー。ブラッコムならグレーシャーエクスプレスを待つか、セブンスへブンというのが一般的です。

この日は朝の相談の結果、ウィスラーでピークを待ってウィスラーボウルへ行くことになりました。
PEAKのリフトにのると、目の前がウィスラーボウルです。ウィスラーボウルはかなり急斜面で、雪がついていないとかなりつらいコースでもあります。ウィスラーボウルが急すぎる人にはほかのボウルか、迂回コースを使うこともできるので、安心です。

レストランに到着し、PEAKの様子をみたのですが、まだまだ空きそうもないので、初心者中心の僕チームは、ハーモニーのほうが感謝面なので、ハーモニーに向いました。ハーモニーはそこそこついていて、そのあとPEAKがあいたと聞いたので、PEAKへアドベンチャー、中野智裕チームはウエストボウルからウィスラーボウルへ
僕のチームはベーグルーボウルを滑ってみたけど、最初がちょっと急で凍ってたので、カズバーとかはちょとてこずりました。
昼食後、僕のチームのほとんどが下山したので、アドベンチャー トモ君チームに合流。PEAK TO PEAKのゴンドラの線化(工事中で、木が伐採されてて適度な間隔)を滑ってアドベンチャーなライディングをしました。

↑ 倒木越えのルイくん。
この 日はまた朝から降り始めました。ゲレンデは朝一はまだそこまで積もってなくって、ゆっくりスタート。僕のチームはエメラルドながして、ハーモニーをまわしてて、途中にちいさな岩があったのでそこでちょっと記念撮影をしてみました。

ブラッコム マッシュ 井上敦司 スノーボード ウィスラーの熊
↑大ちゃん⇒新郎です。 ↑井上敦司プロも参加してくれました。 ↑熊と一光くん


 食事や生活

昼はゲレンデのレストランで昼食を取っています。ウィスラー名物といえばブディーンです。(フライドポテトにチーズたっぷり、グレービーソースをかけたものです。)
朝8時からうごいているので結構疲れてくるので、大体毎日、3時頃には下山します。ホテルにもどったらジャグジーで体を休めたりショッピングにでかけたり、各自自由行動です。そして18:30頃谷部若子お手製の夕食です。
またウィスラー名物チキンウィング(手羽先)山から下りてきてウェアのままBARによってチキンを食べて帰ってきたりもするんです。
ほんとまったく飽きない北米最大のリゾートそれがウィスラーです。もっともっといたいと思わしてくれるところです。

ウィスラーレストラン ジャグジー ウィスラーのキッチン
↑ゲレンデレストラン ↑チキンウィング ↑ジャグジー ↑キッチン若子

 

意外と今年は参加してくれたメンバーが替わったけど、いつものメンバーがいてほっとしたり、新しい人達も面白いノリのいい子が多かったので、本当に楽しい時間を過ごせました。

それにウィスラーでの挙式も今まで何組か手配してきましたが、今回大ちゃんミユキちゃんの式を生で見ることができたし感動できた。本当にステキな結婚式でした。

ウィスラーのブラックタスク
↑ブラックタスクをバックに集合写真

参加してくれたみんな本当にありがとうございました。来年もまた・・。



中野智裕ウィスラーツアーお見積

中野智裕申込みボタン

ダウンロードにはアクロバットリーダーが必要です。
*表示できない場合。右クリックで対象を保存を選んでデスストップに保存してご覧ください。

 


 


カナダ ウィスラー基本情報
通貨:カナダドル

交通: 成田からバンクーバーまで約8時間。 バンクーバーから車で約2時間

滑走時期: 11月中旬〜7月下旬(ブラッコム)

州:ブリティッシュコロンビア

時差:-17時間 (夏時間-16時間)

滑走ゲレンデ: ウィスラー & ブラッコム

ゲレンデ情報

カナダ ウィスラースノーボード マップ

 

中野智裕ポートレート
 中野智裕
■ JSBA公認プロ 
■ JSBA公認A級インストラクター
■ JSBA公認C級検定員
■ 競技種目: GS、DU、SX,HP
■ ホーム: イトシロボードスクール(岐阜)校長 
■ハイカスケードスノーボードキャンプ元スタップ&コーチ
■ テクニカルからハープパイプまですべてにおいてトップレベルのオールラウンドライダーです。コーチングにも定評があり

谷部若子ポートレート
 谷部若子
■ 雪番長スクールインストラクター
■ 競技種目: HP、SL、SX
■ ホーム: 尾瀬戸倉
■ハイカスケードスノーボードキャンプ元キッチンスタップ
■ ハーフパイプを中心にキッカーからボックスまで幅広くこなすライダー。ステップ7、雪番長スクール、キャンプのコーチチングの経験も豊富。

 

 

会社概要 旅行業約款 アクセスマップ リンク お問合せ ホームへ戻る このページのトップへ戻る

スノーバム (有)スペシャリスト 担当 小畑  
Tel:03−3544−5273
 (営業時間 平日 10:00〜19:00)

〒104-0061 東京都中央区銀座7-12-4 友野本社ビル 6F
Fax:03−3544−5532
(東京都知事登録旅行業第2-5301)

Copyright (c) SNOWBUM. All rights reserved.